クリエイティブなバイトをしたいと考えています。
学生時代からインテリアコーディネイターを夢見ています

生まれ育った街の高校を卒業し、インテリアコーディネイターを目指して専門学校に通っていました。 毎日のようにバイトをしながら、学校の課題に追われる日々は大変ではありましたが、絶対にクリエイティブな仕事に就きたいという強い信念があったので、全く辛くはありませんでした。 むしろ、あの日々があったからこそ、今の私があるのだと実感しています。

学生時代から続けてきたバイトを先日辞めました。 これからは、クリエイティブなバイトをしたいと思っています。 できれば、ずっと勉強を続けてきたインテリア
コーディネイターに関わったバイト
をしたいと考えています。
これまで培ってきた人脈で、たくさんのバイト先候補を見つけることが
できそうです。

インテリアコーディネイターの仕事は、自分にとって天職であると思っています。 毎日を楽しく快適に過ごすためには、暮らしている家の環境が大きく関わって
きます。 忙しい毎日の中で、家で過ごす時間が少ないという人も多いですが、
むしろそのような人こそが、快適な空間が必要であると私は考えています。

一日の中で少しの時間であっても、体の力を抜いて、ゆったりとリラックスする
ことはとても重要なことです。 心に良いだけではなく、健康状態にも生活環境は大きく関係していると私は考えています。 これが、長い間自分の中で考え抜いて
みつけた、インテリアコーディネイターとしての私の信条です。